SSブログ

PEAVEY 5150 HEADを調べよう♪ [ブラウンサウンド資料集]

こんにちは、ginchanxです。

PEAVEY 5150と5150IIの違いを調べよう♪
ginchanxによる、ginchanxのための資料集^^

今更、そんなの調べてどうするの??


どうもしません、ただの趣味です^^;

ということで、PEAVEYの5150と5150 IIは、
機能的に何が違うのでしょう♪

まず、PEAVEY 5150は2ch仕様ですが、
1chはリズムとクランチモードを持っているので、
フットスイッチで切り替えられるch数は2chですが音的には3chです。

1ch = Rhythm / Crunchをフロントパネルの
   プッシュスイッチで切換
2ch = Lead ch

このLeadチャンネルがよくモデリングされていますし、
レクチとならんで、90年代ハイゲインアンプの
代名詞みたいになっていますね。

しかし、Crunchチャンネルがいいんですよ♪
80年代HRって音がします^^

5150はこのEQが1と2chで共通で、独立していません。
クランチはMidを盛り上げ、リードchはドンシャリなどという
器用なアンプじゃあありません。

これを改善して、さらにノイズ対策をしたのが5150 II。
2chそれぞれのEQを持った独立2ch+αとなり、
少しは器用になりました。
プレゼンスとレゾナンスも独立したようで、
これはいいでしょうね〜。

そしてバックパネルには、バイアス値を測定する穴もあるようです。

しかし、スイッチが色々増えたので、インプットが1系統になりました。
5150はLowとHighインプットがあり、Highは+6dBのクリーンブースト
になっていますが、5150 II はこれがありません。

写真を見ると明らかですね。
IIの方がツマミが多いです。

5150
BalanceツアーはこれとMusicMan EVHの音、
Peavey%205150%20Head.jpg

5150II
Van Halen III ツアーはこれとWolfgangの音、
peavey-5150.jpg


5150の方は初期型と後期型の2種類あり、上の写真では右側のパネル部分
メインスイッチの左脇にエディのサインがありますが、これが後期型です。
前期型はEVHとブロック体で書かれています。
images.jpeg
初期型は音がいい、、と言われています。
工場出荷時の真空管が違うようですが、、
私は詳しくしりません^^;

簡単にまとめると、
Peavey 5150  2ch+α
Peavey 5150 II  独立2ch+α
EVH 5150 III 独立3ch
なんですね。

ちなみに、Peavey 6505シリーズで
6505+とかありますが、この+がIIのことなので、
Peavy 6505+ = Peavy 5150 II後継機ということです。


音は5150も5150 II あまり変わらないのかな?
EVHの5150IIIはPeaveyとは違う音がするように思いますが、、

エディさん使用の5150はローゲイン化改造がされているらしいですが、
どうなのでしょう?

エディさんの珍しい動画です。
5150 II と緑のWolfgang、 しかもローズ指板で、
ナイスサウンドです♪
47秒くらいから始まります。

アンプだけでしょうか、機材だけでは出せない
エディマジックな音がします♪

参考音源

5150


5150


5150



5150 II



5150


5150 II



では、


スポンサーリンク




タグ:5150
nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます